2012年12月01日

神戸あるある(おまけ版)

■「六甲全山縦走大会で完走した!」と言うとかなり称賛される。


■HAT神戸"なぎさの湯"に付属のフィットネスクラブの会員になると温泉にも入れる。温泉の定期券代わりにフィットネスの会員になって毎日温泉を楽しんでいる"おじさん"がいる


■六甲ライナーの窓ガラスは、一部区間で『瞬間曇りガラス』になる。初めのうちは感動するが、慣れてくると「ドアのガラスは曇らないのに意味あるのか?」と思ってしまう。

■加納町交差点の横断歩道の一番長いところ渡ると、揺れで乗り物酔いみたいになる。


■ポーアイでは港島小学校だが、六アイでは六甲アイランド小学校である。何で六甲島小学校にならなったのか謎である。


■阪急電車は、山陽電車が原因で電車が遅れたとき、駅や車内のアナウンスで必要以上に“山陽電車が原因であること”を強調する。


■深江あたりでは、住所が神戸市東灘区なのに"芦屋"を名乗るマンションがあったりする。


■灘丸山公園からの夜景は絶景である。初めて行く場合はカーナビか携帯GPSを使わないと、たどり着けないほど難解な場所にある。


■神戸の西側の都市には全く興味がない。カツメシが加古川の名物なんて全国放送の番組で紹介されるまで、ほとんどの人が知らなかった。



★無料体験・月1回会員 受付中!!
(神戸摩耶 かけっこ・陸上教室) http://mtfc.jp/
★甲子園スポーツネットワークの教室
(西宮、神戸摩耶、宝塚、和光成増、川崎)
http://tfschool.net/kyoshitsu.html
posted by 摩耶T&F at 10:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸あるある
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60847851
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック